今さら聞けないWordPressでホームページやWebサイトを作成するメリットとデメリット

前回、WordPressとは何か?アメブロと何が違うのか?という基本の話をさせていただきました。

WordPressとは何か?の記事はこちら

今回は、なぜWordPressが良いのか、WordPressでホームページやWebサイトを作成するメリットとデメリットについて解説します。

WordPressのメリット

早速ですが、WordPressのメリットを紹介します。

いろいろなメリットがあるのですが、ざっくりと下記の5つが挙げられます。

  1. サーバーへのインストールが簡単
  2. ブログのように記事の更新が簡単
  3. SEO(検索エンジン上位表示)に有利
  4. テンプレートが豊富で情報が多い
  5. 機能の追加が簡単にできる

5つのメリット、それぞれを解説していきます。

サーバーへのインストールが簡単でスムーズ

まず最初に、ワードプレスの導入に関して、とても簡単にインスールができることは大きなメリットです。

最近のサーバーは、簡単インストールといった機能が備わっているものがほとんど。

「サーバーにインストールって難しそう」と思うかもしれませんが、驚くほど簡単にWordPressの準備ができます。

サーバーを契約した後、1時間もあればワードプレスをインストールできてしまうので、このスピード感も魅力です。

何より導入へのハードルが低いことは大きなメリットですよね!

また、簡単インストールの手順は、大体、サーバーのサポートページに載っているので、その通りに進めれば問題ありません。

ブログのように記事の更新が簡単

ワードプレスはブログ形式なので記事投稿が簡単にできることは、慣れない人にとっては大きなメリットです。

こういったシステム的なものに慣れていない人にとっては、操作が難しいように感じるので、最初のハードルになるかと思います。

しかし、定期的に操作をしていくことで、慣れてきて、スムーズに行うことができます。

何回か記事を作成していけば、テキストの編集などはさほど時間もかからず、慣れてくるかと思います。

もちろん細かな設定はありますが、基本、ブログを更新する感覚で操作が可能なのは、ワードプレスの大きなメリットと言えるでしょう。

SEO・検索エンジンの上位表示に有利

WordPressは、導入した最初の状態でもSEOに最適化された仕様になっていることもメリットのひとつです。

ホームページを立ち上げて、あとから構造上のSEO対策するのはお金も時間もかかってしまいます。

その点、ワードプレスはデフォルトでも基本的なSEO対策済みされていますし、そのほか無料、有料とわず良くできたWordPressテーマを使えば、SEOに最適化されたものが数多くあります。

もちろん投稿する記事の内容は重要ですが、構造的なSEO対策のことを後々考えなくて良いので、安心して記事作成に専念できます。

テンプレートが豊富で情報が多い

WordPressには、テーマと呼ばれるテンプレートが豊富にあります。
ワードプレスは簡単にテーマが変更できるだけでなく、そのテーマ次第で自分の好みに合ったデザイン、レイアウトのホームページを作ることができます。

デザイン性の高いテーマ、さらにはWebならではの機能が充実してテーマなど、本当に多くのテーマが存在します。

ベースとなるデザインやレイアウトの選択肢が多いことは、WordPressを使う上でメリットになります。

日本製のもの、海外のもの、いろいろありすぎるくらい豊富なので、どれにするか迷ってしまうのは、逆にデメリットかもしれませんね(笑)

機能の追加が簡単にできる

ワードプレスには、プラグインという機能を拡張するためのファイルが豊富で追加も簡単です。

「会員制の機能を追加したい」「オンライン決済の機能を追加したい」となった時に、一からプログラムを作る必要はなくて、プラグインを導入することでほとんどのことがカバーできます。

こういったプラグインを用いた機能の拡張性の高さは、WordPressの大きなメリットです。

また、実用的なプラグインが多いのも嬉しいポイント。

自分でプログラムを作るのは無理でも、プラグインでいろんなことがホームページに組み込めるので、いろいろなカスタマイズが可能になります。

他にもいろいろありますが、大まかなWordPressのメリットは以上の5つです。

WordPressのデメリット

良いことばかりを書いているとワードプレスの回し者かと思われてしまうので、デメリットも挙げておきますね。

デメリットは大きく2つあります。

  • 自分でサーバーとドメインを用意しなければならない
  • 自分でセキュリティ管理する必要がある

いずれも「自分で」とあるので、お気づきでしょうが、ワードプレスを使うには、自分でサーバーと契約して、ドメインを取得して、インストールして、運用していく必要があります

サーバーと独自ドメインの重要性に関しては、以前に記事をアップしているので参照してみてください。

サーバーとドメインに関しての記事はこちら

また、セキュリティ管理に関しては、今後、触れていきますが、プラグインを導入することで、比較的、簡単に行えます。

いずれにしても、ワードプレスを導入して完全に独自のWebサイトを持つということは、何事も「自分で」責任を持って取り組まなければなりません

それがデメリットなのかは個々の考え方にもよりますが、基本的な考え方は理解しておきましょう。

重要なのは「自分で作ったコンテンツは自分の財産・資産」ということ

アメブロ、Wixやnoteなどに投稿するコンテンツも広い意味では自分の財産といえますが、こういったサービスは、いつ変更があったり、終了するかわかりません。

そうなったら、コツコツと貯めてきた「自分のオリジナルコンテンツ」が無くなってしまいます。

これは仕方のないことで、自分以外の外部の力や影響で、ルールが変わる、終了するということは、世の中に数多くあります。

しかし、ブログだからといっても自分が頭を使って綴った内容ですし、本格的に取り組んでるなら、狙いのキーワードを決めてブログ記事の内容を戦略的に投稿しているかと思います。

それが、自分のせいでもなく、突然なくなってしまっては、元も子もありません。

そんな目にあいたくない、そう思うなら、だからこそのワードプレスなのです。

自分の契約したサーバーで、独自のドメインで、自分が作ったホームページで、自分の考えたコンテンツを発信していくことは、あなた自身の財産であり、資産になります。

そのことが、ワードプレスでホームページを作成する最大のメリットとも言えるのです。

今回は、なぜWordPressが良いのか、WordPressでホームページを作成するメリットとデメリットについて解説しました。

いかがでしたか?

ご自身でWordPressを導入するのが一番ですが、どうしても制作の時間が取れない、思うようなWebサイトができないなど、着手できない事情もあるかと思います。

そんなときは、みその編集社にぜひ一度、ご相談ください。

ホームページに関するご相談はこちら

みその編集社では、WordPressでのWebサイト制作プランを数多く用意していますので、こちらもぜひご覧ください。

商品一覧はこちら
タイトルとURLをコピーしました